技術委員会

本年度はSMES研究会会員間の情報共有を進め、SMESおよびその関連技術の研究を活性化するため、全体の技術委員会を中心に活動する。活動方針は下記の通りです。

(1)SMESの技術情報および最新動向に関する情報の共有
技術委員会の委員が入手したSMESの最新動向に加え、内外の有識者の方にお願いし、SMESのこれまでの研究開発の歴史および最新動向に関する情報の共有のための講演会を開催する。

(2)SMES関連のエネルギー貯蔵技術の調査
他のエネルギー貯蔵技術の開発状況、国の研究開発方針など、SMESに限らず、SMES研究会会員として有益なSMES関連技術の情報を共有すべく、調査活動を行う。場合によっては外部の有識者の方に講演をお願いする。

(3)最近の研究開発動向とSMES
SMESに関連する材料、理論研究、超電導応用開発研究などの最近の研究開発動向の情報に関する共有化を図る。

(4)見学会等との連係
と連携し、SMES研究会の見学会と技術委員会を同時開催することにより、技術開発動向情報の共有化を図る。

(5)WG等の開催
議題の準備、報告書への取りまとめなどのために随時、関係者によるWG等を開催し、検討を進める。

技術委員会委員
委員長
 秋田  調((一財)電力中央研究所常務理事・秘書役)
委 員
 伊瀬 敏史(大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻教授)
 大澤 靖治(京都大学名誉教授)
 大山  力(横浜国立大学大学院工学研究院教授)
 斎藤 浩海(東北大学大学院工学研究科電気エネルギーシステム専攻教授)
 佐藤  皓(高エネルギー加速器研究機構名誉教授 )
 嶋田 隆一(東京工業大学名誉教授 筑波大学特命教授)
 新冨 孝和(高エネルギー加速器研究機構名誉教授)
 辻 毅一郎(大阪大学名誉教授)
 筒井 広明(東京工業大学科学技術創成研究院先導原子力研究所准教授)
 仁田 旦三(東京大学名誉教授)
 野村 新一(明治大学理工学部電気電子生命学科超電導応用技術研究室准教授)
 長谷川 淳(北海道大学名誉教授)
 馬場 旬平(東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻准教授)
 舩曳 繁之(岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻教授)
 牧  直樹(東京海洋大学研究員 元東海大学教授)
 三浦 友史(大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻准教授)
 三戸 利行(自然科学研究機構核融合科学研究所ヘリカル研究部装置工学・応用物理研究系研究主幹)
 西尾 繁子((株)エスジーイー代表取締役 東京都市大学客員教授)
 杉内 栄夫(中国電力(株)エネルギア総合研究所系統グループ)
 長嶋  賢((公財)鉄道総合技術研究所浮上式鉄道技術研究部部長)
 関島 志郎(東日本旅客鉄道(株)電気ネットワーク部電力技術管理センター 課長)
 山本 惠一((株)前川製作所技術研究所監事)
 角井日出雄(個人会員)
 西尾 繁子(個人会員)
 樋口  登(個人会員)
 福冨 幹男(個人会員)
 山口  昇(個人会員)
(平成29年6月現在)

 CO2削減、地球温暖化が急務となっており、エネルギー貯蔵の必要性がますます高まってきています。我が国は、SMES実用化研究の点で世界をリードしてきており、瞬低用SMESは実用化段階を迎えつつあります。
 は、研究会の活性化、情報の共有などの観点から以下の活動を行ってきています。
(1)機関紙の発行
(2)ホームページの運営
(3)見学会、会員交流会の開催

委員
委員長
 長嶋 賢((公財)鉄道総合技術研究所)
委 員
 杉内 栄夫(中国電力(株))
 松江 仁((公財)鉄道総合技術研究所)
 福井 健(エムエー・クリエイションズ)
(平成29年7月現在)

財務委員会

 景気回復のまだら模様、政権交代後の政策の混迷と、ますます将来の見通しが不確実度を強める社会・経済状況の下、当研究会活動にご理解とご支援をいただき感謝しております。
 スマートグリッドに象徴されるように地球環境問題解決のため、いよいよエネルギー関連分野で具体的な投資や研究活動が全世界的に始まっております。
 このような状況の中で、財務内容の健全化を図りつつ活動内容を充実させるために、以下の活動を行います。

活動内容
1)財務関係一般の処理
・各委員会の予算立案
・月毎の会計承認
・総会、理事会での収支報告
2)会員募集、研究の活性化検討ほか

財務委員会委員
委員長
 山本 惠一((株)前川製作所)
(平成29年7月現在)


超電導エネルギー貯蔵研究会
〒305-0021 茨城県つくば市古来896-1
(株)ツクバ・インフォメーション・ラボ内
Phone/Fax: 029-895-7372 PHS: 070-6664-7901 E-mail: rasmes@nifty.com